モニュメントで伝説を語る駅「踊場」

踊場駅4番出口のモニュメント

ブルーライン(横浜市高速鉄道1号線・3号線)は、神奈川県藤沢市の湘南台駅から関内駅、横浜駅、新横浜駅を経由して横浜市青葉区のあざみ野駅までを結ぶ地下鉄です。

湘南台駅〜関内駅間が1号線、関内駅〜あざみ野駅間が3号線です。写真左は、踊場駅4番出口のモニュメント。

所在地:横浜市泉区中田南1-2-1

スポンサードリンク

踊場駅はこのブルーライン全32駅の中のひとつで、「関東の駅百選」に認定されております。駅の中にはこの地の伝説にちなんだ、いろいろな猫のモチーフが施されております。私の気付いた範囲でご紹介しましょう。もしかしたら、まだ隠れている猫がいるかもしれません。

通路の壁に描かれた猫の目

通路の壁に描かれた猫の目

壁に描かれた巨大な猫の目についても、教えてもらうまで気が付いていませんでした。

遠めに撮った写真で見ると分かりますが、近くからはちょっと…。普通に正面を向いて歩いてるとまったく分からないです。この通路は何十回も通っていたのに。分かる人にしか分からないというのが猫っぽくていいですけど。改札から4番出口に向かう通路では、ぜひ左を向いて歩いてくださいね。

気付きにくい!遊び心たっぷりのモニュメント

通路の天井で発見した踊り猫

通路の天井で発見した踊り猫

これは教えてもらわなければ、98%分かりません。地下通路で真上を見上げながら歩いている人はいませんから。

これも4番出口に向かう階段の途中(まさに踊場)の天窓にあります。遊び心たっぷりのこのモニュメント。特徴はなんと言ってもこの「気付きにくさ」です。伝説の猫は簡単に見つかりません。

改札を出て正面にある、3番出口に向かう階段を上ると、楽しく踊っている猫を発見。

踊場駅の3番出口の2つの天窓は、外から見ると2つの3角形、いや、これは猫の耳ではありませんか?