踊場お散歩日記

「谷矢部池公園の谷矢部池で清掃?」2017.04.04

谷矢部池公園の谷矢部池で大掛かりな清掃みたいなことが行われたと聞き、夕方、ちょっと見に行きました。ポンプで水を抜いたと言う話もあったので写真に収めておこうと思ったのです。

谷矢部池

大量の水はどこにいったのか?(2017.04.03)

谷矢部池は、元々農業用に使われていた溜池だったそうですが、今では水鳥やカメが生息する自然豊かな憩いの池として地元の方々に親しまれております。でも、いろいろと管理も大変なんですね。

底なし沼の正体

底なし沼の正体

翌日の朝の光景です。小川から流れてくる水が少しずつ溜まってきてます。子供たちが中に入らないよう、ここには「底なし沼」という看板が貼ってあったことがありましたが、意外と浅かったですね。(2017.04.04)

水鳥やカメ、その他さまざまな生物の住処なので気になったのですが、なんとか生き延びたようです。

後日分かったこと
「谷矢部池の『かいぼり』はワニの捕獲も目的だった」

>> 踊場お散歩日記の「目次」に戻る