領家B雨水調整池

住宅地の中に突然現れた大きな窪池に私は驚きました。なぜならこの領家B雨水調整池は地図に載っていないからです。領家公園の隣にあるA雨水調整池と同様、そこにはボードウォークがあるのですが、門が閉まっており中には入れません。

所在地:横浜市泉区領家4丁目

スポンサードリンク

大雨のときは、この池がもっと大きくなるわけですが、このときはほとんど原っぱのように見えます。

中に入れない分、柵の外にあるボードウォークからのんびりと見下ろすことができます。

ボードウォークは調整池の北東の角、L字型に設置されております。東屋は地元住民のいこいの場?と思いきやこの写真を撮る直前までは子どもたちの溜まり場となっておりました。

柵の内側に説明書きが(笑)。貯水量10,017立方メートル、水深2.765メートル、貯水面積5,711平方メートル。「この遊水地は大雨の時、雨水を一時貯留して、下流へ少しずつ流し、河川の氾濫を防ぐ大切な役目をしています。」と書かれています。

以前はここから池のほとりまで歩いていけたようですが、門は閉じられたままです。池にはたくさんの水草が…。

踊場駅から領家B雨水調整池までの地図

領家B雨水調整池までの地図

別画面で地図を拡大